電話会議が便利|スムーズに会議をしたいなら

新しい会議スタイル

話し合い

社外会議でも利用

ビジネスにおけるテレビ会議は複数拠点を持っている会社では常識の会議システムです。かつては、旅費をかけて本社または支社に集まり会議を行うスタイルが普通でしたが、コストがかかることと時間を無駄にしていることが多く、簡単な会議はテレビ会議システムを利用する会社が増加しているのです。テレビ会議システムが普及することで社内だけでなく社外との会議にも利用されるようになっています。同じようにインターネットに接続できる環境があれば、Webカメラを利用して会議をすることができます。電話会議よりも臨場感や雰囲気を伝えることができるメリットがテレビ会議にはあるのです。しかし社外との会議の場合には、会議を行うスペースに考慮する必要があります。

資料を同時に利用できる

複数の取引先を持っている会社であれば、他社に情報や取引情報が漏えいしないように気を付けなければなりません。会議室でもクローズドな状況であれば、問題ないのですが、社内の雰囲気が見渡せるようなオープンな環境では、情報漏えいの危険性がありますのでテレビ会議を行う場所を十分考慮する必要があるのです。電話会議と異なり、画面に資料を映すことも可能になっています。資料は別添することが常識でしたが同じアップデートした資料を見せることで会議をスムーズに進捗させることのできるメリットも持っています。議題などを横のスペースに表示させることで会議の進行も参加者全員がわかりやすくなるなど会議のスタイルは集合会議以上の利便性を持っています。