電話会議が便利|スムーズに会議をしたいなら

電話での会議のポイント

3人の男女

電話での会議で考えたい点

企業が各地に拠点を設けたときに、遠隔地を結んで会議を行う方法として電話会議の仕組みをあげることができます。携帯電話も普及したことで、電話会議を利用するケースも多くなってきていますが、いくつか気を付けるポイントがあります。電話会議は基本的には、報告中心の会議で利用するようにしましょう。なぜなら、報告中心の会議では、誰かが単独で話すことが多く、議論することがないということが電話会議に向いているからです。特に相手の顔が見えない電話での会議において、討論する場合ではどうしても議論がかみ合わなくなる可能性があるのです。ですので、聞くことが中心となる報告会議で、電話会議を取り入れるとよいでしょう。

電話の会議で得する情報

電話による会議はいくつか知っておくと良いポイントがあり、これらを活用することでより良い会議が開催できます。まず最初に複数の発言を制御するために、一斉ミュート機能を搭載した電話会議システムが存在しています。これは複数の会話は始まると、ハウリングを起こし聞き取りにくくなるという点をカバーできる仕組みです。また、移動中に会議に参加することも考慮し、公衆回線から電話会議に参加しても通話料金が一定となるプランを利用するとよいでしょう。さらに最近ではIP電話による電話会議の仕組みも普及しており、IP電話と公衆電話網とつなげて会議を行うこともできます。こういったいろんなタイプの電話会議システムが存在していますので、いくつか並べて評価するのも良い方法です。

新しい会議スタイル

話し合い

複数拠点を持つ会社の会議スタイルは、テレビ会議が主流になっています。旅費のコストや、時間を無駄にせずに済むメリットがあるのです。そして最近では、同じテレビ会議の環境を持っている会社が増加している為、社外の会議にも利用されるようになっています。

More Detail

更新や修正がなされない

オフィス

新規業務をビジネスとして立ち上げる際にはマニュアルや作業手順書を作成します。これは誰が行っても同じ品質やサービスを提供するためには必須になります。しかし途中の修正が行われなくなることもありますのでマニュアル作成段階から注意が必要なのです。専用ソフトを使用すると簡単に修正が行なえます。

More Detail

事務所管理に最適

PCとデスク

多忙な弁護士の強い味方が弁護士案件管理ソフトです。専用に設計されたシステムは見やすい、使いやすいだけでなく、過去の案件検索などにも優れており、前作業などの効率化を図ることにも役立てます。導入する事務所が増加しているのです。

More Detail